*** profile

*基本情報

名前: 後藤 崇志 / GOTO Takayuki

所属: 滋賀県立大学 人間文化学部 人間関係学科
役職: 助教

好きなことば: 人が攻略中のダンジョンなど!一番乗りでなきゃ意味がない!宝箱だって開いてんだぞ!
(衛藤ヒロユキ (1995) 魔法陣グルグル5巻[Amazonの商品ページ] P71 ニケのセリフより)

連絡先: g.ikuyakat [at] gmail.com

research mapはこちら

*学歴

2003. 4 - 2006. 3 私立岩田高等学校
2006. 4 - 2010. 3 京都大学 教育学部 教育科学科
2010. 4 - 2015. 3 京都大学大学院 教育学研究科 教育科学専攻 教育認知心理学講座

*学位

2010. 3. 24 学士(教育学) 京都大学
2012. 3. 26 修士(教育学) 京都大学
2015. 3. 23 博士(教育学) 京都大学

*職歴

2009. 3 - 2012. 3 株式会社応用社会心理学研究所 アシスタント研究員
2012. 4 - 2015. 3 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2014. 4 - 2015. 3 京都大学学術情報メディアセンター OSL TA
2015. 4 - 2017. 3 京都大学 高等教育研究開発推進センター 教育メディア研究開発部門 特定助教
2017. 4 - 滋賀県立大学 人間文化学部 人間関係学科 助教

*教育歴

【京都大学大学院教育学研究科での担当授業】
「高等教育開発論研究A」 担当時期:2015. 4 - 2015. 9
「高等教育開発論基礎」 担当時期:2015. 4 - 2015. 9
「高等教育開発論研究B」 担当時期:2016.10 - 2017. 3

【滋賀県立大学人間文化学部での担当授業】
「心理学基礎」「行動論演習」「心理・発達・行動学実験演習」「環琵琶湖文化論実習」「人間関係論基礎演習」「人間関係論演習I・II」「社会心理学」「人間探究学」など

【非常勤講師としての担当授業】
関西大学社会安全学部「人間行動実験実習」(2015年度までは「社会安全学実習(社会心理実験)」) 担当時期:2015. 4 - 2015. 9, 2016. 4 - 2016. 9
大阪成蹊大学芸術学部「現代科学論」 担当時期:2015. 4 - 2015. 9
京都文教大学臨床心理学部「学習心理学」 担当時期:2016.10 - 2017. 3, 2017.10 - 2018. 3
関西学院大学社会学部「インターミディエイト演習」 担当時期:2017. 4 - 2017. 9

*研究費等

【研究代表者として】
2012. 4 - 2015. 3 日本学術振興会 科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 「動機づけられる対象の違いが目標達成時の認知制御の負担に及ぼす影響」(2700千円)
2015. 4 - 2016. 3 博報財団 第10回児童教育実践についての研究助成 「自律的な学習者の育成に向けた科学技術コミュニケーション活動」(研究代表者:2500千円)
2016. 4 - 2019. 3(予定) 日本学術振興会 科学研究費補助金(若手B) 「飲酒・喫煙習慣にセルフコントロールが促進・抑止の両面から作用するメカニズムの解明」(研究代表者:3900千円)

【共同研究者として】
2015. 7 - 2017. 7 日本学術振興会 平成27年二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究「対人的な後悔とその機能の解明:生理指標を用いた日英比較実験」(日本側研究代表者:小宮あすか,相手国側研究代表者:村山 航/総額5000千円)
2015. 9 - 2016. ? 公益財団法人 発達科学研究教育センター 平成27年度学術研究助成事業「児童期・青年期における後悔の予測・利用能力と社会的発達」(研究代表者:小宮あすか/総額500千円)

*受賞歴

2012. 2.20 2011年度 日本社会心理学会 若手研究者奨励賞
2014.11.20 2014年度 京都大学大学院教育学研究科 研究科長賞

*所属学会

日本心理学会

日本社会心理学会

日本教育心理学会

日本パーソナリティ心理学会

日本教育工学会

Society for Personality and Social Psychology

*学会活動

2015. 8 日本パーソナリティ心理学会第24回大会 2015年度ヤングサイコロジストプログラム実行委員長
2015. 9 - 日本パーソナリティ心理学会 経常的交流委員会 委員
2016. 9 日本パーソナリティ心理学会第25回大会 2016年度ミドルサイコロジストプログラム実行委員
2017. 9 日本パーソナリティ心理学会第26回大会 2017年度ミドルサイコロジストプログラム実行委員長
2017. 9 - 日本パーソナリティ心理学会 機関紙編集委員会 委員

*学会誌査読

Japanese Psychological Research

科学技術コミュニケーション

心理学研究

inserted by FC2 system