*** seminar

*about seminar

ゼミでは主に社会心理学・教育心理学・認知心理学に関する研究を行います。

日々の生活の中で、私たちは、さまざまなことを感じ、考え、行動しています。
こうした心の動きは、私たちが日常生活で感じている以上に、周囲の環境や他者、出来事などの影響を受けています。
人が社会生活を行う中で起こるさまざまな心の動きが、どのような仕組みで生じているのかを明らかにしていくことに関心を持っています。
人の心の仕組みを明らかにすることで、社会や教育をよりよいものにしていくための手がかりを得られれば、と考えています。

以上のような枠にはまっていることであれば、個人の研究テーマは自由です。
主には実験・調査・公開データの二次分析・効果検証を含む実践など、量的なデータ分析を用いるアプローチで研究を進めていきます。
質的なデータ分析や文献研究は全く行わない、というわけではありませんが、卒論では量的なデータ分析を用いるアプローチとの合わせ技にすることをお願いするかもしれません。
実験・調査・心理統計(場合によってはプログラミングも)に関する知識やスキルについて、必要なものは一緒に学んでいくので、今の段階ですべてできなくても大丈夫です。
ゼミで研究を進めていくためには、人の心の仕組みについて知りたいという好奇心と、そのための方法を学び、身に着けたいというやる気が重要になります。

後藤ゼミでの卒論・院進学等を希望される方は、あらかじめ面談にお越しいただきたいと思います。まずはメールにて面談を希望する旨、ご連絡ください。

*3回生ゼミ

今年度は細馬宏通先生と合同で実施します。3回生5名が参加しています。

inserted by FC2 system