*** materials

ツールや尺度を載せたり、自分と同じことをしようとする人にとってなにかしらの参考になりそうなことを書き留めたりlinkにまとめたりしていきます。

*心理尺度
日本語版自由意志・決定論信念尺度(Free Will and Determinism Scales in Japanese; FAD-J)

Paulhus & Carey (2011)のFree Will and Determinism Scales (FAD-Plus)の邦訳尺度です。
自由意志と決定論に関するしろうと信念を自由意志信念・科学的決定論信念・運命的決定論信念・予測不能信念の4つの下位尺度で測定する尺度です。作成過程と他尺度との相関関係については後藤・石橋・梶村・岡・楠見 (2015 心理学研究)[Link]に掲載されています。
尺度の使用マニュアル(兼論文の補足資料A)はこちらからどうぞ。

日本語版 セルフコントロール尺度短縮版(Japanese version of Brief Self-Control Scale; BSCS-J)

Tangney, Baumeister & Boone (2004)のBrief Self-Control Scaleの邦訳尺度です。
特性セルフコントロールを測定する心理尺度です。作成過程と他変数との相関関係等については尾崎・後藤・小林・沓澤 (2016 心理学研究)[Link]に掲載されています。
尺度の使用マニュアルは尾崎由佳先生のウェブサイトからどうぞ。

日本語版対人反応性指標(Japanese version of Interpersonal Reactivity Index; IRI-J)

Davis (1980)のInterpersonal Reactivity Index (IRI)の邦訳尺度です。
共感性の個人差を共感的関心・視点取得・個人的苦痛・想像性の4つの側面から測定する心理尺度です。作成過程と他変数との相関関係等については日道・小山内・後藤・藤田・河村・Davis・野村 (2017 心理学研究)[Link]に掲載されています。
尺度の使用マニュアルは日道俊之さんのウェブサイトからどうぞ。

*経験サンプリング法(Experience sampling method)

1日に数回、無作為なタイミングで参加者に調査への回答を求める手法です。
共同研究者の尾崎由佳先生がこちらでスマートフォンを使って経験サンプリング法を行う方法を紹介してくださっています。

*MLLaVar (ver0.2; 15/03/26公開)

Rを使ってマルチレベル相関分析や、Muthen最尤法でのMLSEMを行うためのパッケージ(試作中)です。
こちらにアップロードされています。devtoolsパッケージを使ってinstall_github("gikuyakat/MLLaVar")と実行すると使っていただけるはずです(最近(17/02/27)自分で試してみてうまくいかなくなっていたので後日確認します)。
うまくインストールできない場合はこちらからzipファイルをダウンロードしてパッケージをインストールするか、こちらからソースコードをダウンロードして読み込んでお使いください。
関数についての説明はこちら、マニュアルの分析で使っているテストデータはこちらです。

*読書会の発表資料など

過去に参加・発表した読書会の発表資料で公開してもよさそうなものを置いておきます。
あくまでも私の理解・解釈・まとめなので、内容が誤っていたことによって不都合が生じても、責任は負いかねます。
(誤っている箇所があれば、こっそり教えていただけるとありがたいです)

2017.02.26 『StanとRでベイズ統計モデリング』読書会 at 関西学院大学 梅田キャンパス
担当箇所:『StanとRでベイズ統計モデリング』第5章 基本的な回帰とモデルのチェック

Osaka.Stan #3 Chapter 5-2

[補足資料(RとStanのコード)はこちら]

2013.02.23 PPS「実験結果の再現可能性」特集号読書会 at 関西学院大学 梅田キャンパス
担当箇所: Wagenmakers et al. (2012). An agenda for purely confirmatory research.Perspectives on Psychological Science, 7, 632-638. [読書会サイトの該当ページへのLink][元論文へのLink]

inserted by FC2 system